スノーボード「初めて」から「カービング」への道のり

遅咲きスノーボードインストラクター雪彫親爺の戯言

雪彫親爺の戯言

[ MENU ]

スノーボードのエッジのお手入れ

ダリング 「ダリング」ってなんなの? といった声をきくことがあった。 せっかくなのでダリングをはじめとするエッジの調整についてのリンクなどを簡単に纏めておく。 エッジ スノーボードのエッジは基本的にはスキーと同じで、雪面に食い込ませて滑ったり止…

スノーボードのワックスがけ(ワクシング)について

滑りに行く前、滑りに行った後、 いったいどんなことをすればいいの? という声を聞くことが何回かあった。 せっかくなので僕が実際にやっているスノーボードのお手入れについて、その中でもワクシング(ワックスがけ)を紹介したいと思う。

雪彫親爺のお気に入りギア紹介

『はじめてのスノーボード「準備編」(道具選びや心構え)』で 道具について触れてみたが、ここでは僕自身が愛用しているスノーボードギアの紹介をする。何かの参考になれば幸いだ。 ※各ギアごとの『「XXX」を探してみる』をクリックすれば、楽天市場で対象ギ…

第二十三回鬼斬入門(最終回)

さて、第22回の続きで、 尚且つ「鬼斬入門」の最終回、、 スポーツ全般に言える事だと思うが、 言葉で聞いてすぐ出来るなら 誰も苦労しないし、 チャレンジもしないだろう。 積み重ねの練習で、 自分の体の感覚で掴んだ時に 初めて『あの人が言ってた事』が…

第二十二回鬼斬入門

さてさて、お待たせ(?)しました。 前回の宿題をやってくれた皆さんは写真を見た時点で、多分既に答えが判ったのではないかと思う。 『いろんな人が色々な事を言うからどれが正しいのかわからない』理由。 『たまご』の説明ひとつでも人それぞれ違うし、玉…

第二十一回鬼斬入門

皆様、練習の成果はどうだろうか? 初めてスノーボードにチャレンジする人、 ターンが出来るようになった人、 カーヴにハマった人、 検定に挑む人、 大会に出る人…… 皆それぞれにこれまでの経験で何かを得ていると思う。 実に頑張っている。 そんな中で新し…

第二十回鬼斬入門

今回はいつもと一風変わって、 理論ではなく練習法をひとつ。 少し前からショートターンが話題になっているので、リクエストにお答えする。ただしここに挙げる練習法はあくまでも個人的に思いついたものなので参考程度に利用してほしい。 まず上の図の説明か…

第十九回鬼斬入門

「目線はターンの大きさに左右されない」と言う事がわかった所で、次は加重について見てみる。 小さなターンで大きなターンと同様に半円を描くためには、板を更にタワマせる必要があるので、沢山力をかける事になる。 、、、これも嘘だ。 板をタワマせる加重…

第十八回鬼斬入門

まずは目線から考えていく。 これまで考えてきた大回り系の場合、ボードの進行方向と体の進行方向がシンクロするはずだ。 なので「山回りの終点を見る」と言う表現を使った。 しかしショートターンの場合等ではどうだろうか。 板は体の下で進行方向を変えるが、上半…

第十七回鬼斬入門

さて、第17回目の鬼斬入門。 これまでの鬼斬入門では「ターン」を大まかに考えてきたが、今回からは少し細かく見て行く。 ターンにはロング・ミドル・ショートなどがあるが、皆さんはどんなふうに考えて滑り分けているだろうか? 色々な考え方があって、その…

第十六回鬼斬入門

今回のテーマは「クロスオーバー時に大切なもの」 クロスオーバーとは、エッジの切替時に積極的にターン内側に体軸(ポジション面)を傾けていく動作の事を言う。 ターン前半からしっかりと雪面を捉えていくために、立ち上がり系の抜重でも、抱え込み系の抜…

第十五回鬼斬入門

前回はターン中の目線をテーマにしてみた。 今回は切替時の目線がテーマ。 ターン中の目線はそのターンの山回りの終点を見る様にしよう事だったが、切替時(正確には切替前)の目線は「クロスオーバー」を行う際に非常に重要なものとなる。 前回とは異なり、…

第十四回鬼斬入門

「ターン中の目線」が今回のテーマ。 皆さんはどこを見て滑ってるだろうか? 雪? 景色? ちなみに僕が某屋内練習場で滑っていた頃には宇宙とペプシとCCレモンを見ながら滑っていた。 (意味不明か…) 「進行方向を見る」と言う人が多いと思う。 もちろんこれ…

第十三回鬼斬入門

いよいよ。 いよいよ、ようやく。 鬼斬ターンを解析する時が来た。 ココまでの鬼斬入門に懲りずについてきた皆様は、基礎の基礎の部分をじっくりと見直したと思うので、今後の驚異的な上達が本当に楽しみだ。 カーヴィングターンを考えてみると、切替時から…