snowboard

スノーボード「初めて」から「カービング」への道のり

四十路を歩む雪彫親爺の戯言(遅咲きスノーボードインストラクターの覚え書き)

「実践編」 その5 (3.01.道具を知る -1)

f:id:yukihori-oyaji:20160805074032j:image

 

-3.01.道具を知る-


まずは、道具の名前と使い方を覚えます。これを知らないことには、たとえインストラクターが懇切ていねいに説明したとしても、何について話しているのか、さっばりわからない、ということになってしまいますから、少し我慢して覚えるようにしてください。


それらの名前は、、、


<あなたの身体>
フロントサイド、バックサイド、レギュラー、グーフィー、まえ脚、うしろ脚、ふところ、目線

f:id:yukihori-oyaji:20160805074213j:image

<ブーツ>
インソール、インナー、アウター(シェル)、タン、シューレース(ひも)


< バインディング>
リーシュ、ハイバック、ヒールカップ、ストラップ(アンクル&トゥ)、ラチェット、


<板>
ノーズ、テール、デッキ(パッド)、ソール、エッジ

 


たくさんあって、少しいやになるかもしれませんが、これだけ覚えられたら充分だと思います。 いや、充分どころか、すでにもう「マニアの領域に踏み込んでいる」と、思われてしまうレベルかもしれません。


名前を覚え、それぞれの使い方や役割を知ることで、よりいっそう上達への近道となります。

 

 

<<<もどる / 次を見てみる>>>