スノーボード「初めて」から「カービング」への道のり

遅咲きスノーボードインストラクター雪彫親爺の戯言

雪彫親爺の戯言

[ MENU ]

「実践編」 その9 (3.01.道具を知る -5)

スポンサーリンク

バインディングの締めこみが終ればあとは、、、

 

おや?

いつのまにか板の装着も終わっている。

しかし、せっかくなので板の部位の名前も覚えておこう。




「ノーズ」とは、板の進行方向に対しての「さきっぽ」の事。


「テール」とは、板の進行方向に対しての「しっぽ」の事。


「デッキ」とは、板の天面の事で、そこに貼ってあるパッドが、デッキパッドといって、ブーツを乗せるすべり止めだ。

↑ コレがデッキパッド


「ソール」とは、板の底面の事で、雪とこすれあう大切な「滑走面」なので、大切に扱うように心がけてほしい。

(地面に置くときには、雪上でも路上でも、ソール面が空を向いているようにすること!)


そして最後に「エッジ」とは、ソールの両端に埋め込まれている金属製の「刃物」の事だ。


とても危険ですので、取り扱いに注意が必要だ。

なるべく人に向けて持ったりしないようにする「気づかい」も大切だ。


エッジの役割はほんとうに色々とあるが、当面は止まるための「ブレーキ」だということにしておいてほしい。

 

 

<<<もどる / 次を見てみる>>>