スノーボード「初めて」から「カービング」への道のり

遅咲きスノーボードインストラクター雪彫親爺の戯言

雪彫親爺の戯言

[ MENU ]

「実践編」 その11 (3.02.コケ方を覚える -2)

スポンサーリンク

痛い話ばかりで、そろそろスノーボードにチャレンジするのが嫌になってくるころかも知れないので、「痛くない安全なコケかた」について説明しておく。


まずはフロントサイド(前側)から。


バインディングにあなたの「まえ脚」(レギュラースタンスの人は左足。グーフィースタンスの人は、右足)だけを装着した状態で、平坦な雪面(周りに人がたくさんいる所や、傾斜のある場所は避けてください)に立ってみてほしい。


つぎに「うしろ脚」(レギュラースタンスのひとは右足。グーフィースタンスのひとは、左足)を、デッキパッドの上に乗せてみる。


その状態から、わざとフロントサイド(前)側に倒れこんでコケる練習をするわけだが、まずはヒザをついてみる練習をしてみよう。

 

いきなり顔面ダイブにチャレンジするよりは怖くないはずだし、実際に滑れるようになった時に、「ヒザ立ち」はとてもよく使う。


両足立ちからヒザ立ちへの移行に慣れたら、次はヒザ立ちの状態からうつぶせの状態(完全にコケた状態)になる練習をしていく。


手首や肩を傷めないために重要なポイントは、ヒザ立ちの状態から、一気に前方に向かってヘッドスライディングをすることだ。


f:id:yukihori-oyaji:20160822215645j:image

チマチマ、ダラダラ、よっこらせ、と伸びてゆくのではなく、「ジョワッ‼」っとウルトラマンのように両腕を前に伸ばしながら潔くコケてほしい。


手首からヒジにかけての腕の部分を、前に向かってソリのように滑らせるイメージが、うまくいくコツだ。

 

 

<<<もどる / 次を見てみる>>>