snowboard

スノーボード「初めて」から「カービング」への道のり

四十路を歩む雪彫親爺の戯言(遅咲きスノーボードインストラクターの覚え書き)

「実践編」 その15 (3.04.a 歩いてみる-1)

3.04.a) 歩いてみる 


最初は片脚(うしろ脚)をスノーボードから外した状態で歩いてみましょう。

 

イ: まずは「うしろ脚」を雪面につけたままで、スノーボードに固定した「まえ脚」を少しだけ(30 ㎝以内)進行方向に滑らせるようにずらしてみます。


ロ: 次にうしろ脚を前脚の近くの雪面につきなおします。(フロントサイドでもバックサイドでも、どちら側の雪面でも OK です。)


これの繰り返しで平地を歩いて行くわけです。
5~10 歩程度歩いたら方向転換にもチャレンジしておきましょう。


方向転換には「フロントサイド回り」と、「バックサイド回り」の 2 通りのパターンがあります。

 

「フロントサイド回り」


f:id:yukihori-oyaji:20160823080534j:image

イ: まずは、うしろ脚をスノーボードのフロントサイドの雪面(まえ脚つま先付近)につきます。


ロ: うしろ脚のつま先を方向転換したい方向に向けます。(180°方向転換の場合、スノーボードのテール方向につま先を向ける事になるので、相当なガニ股状態になります。)


ハ: うしろ脚だけで立ち、まえ脚をスノーボードごと持ち上げます。(完全にスノーボードが雪面から離れるのが理想的ですが、恐らく最初の頃はスノーボードのテールが雪面から離れずに苦労する筈ですから、頑張って練習してください。)


二: 持ち上げたスノーボードのノーズを一気に方向転換したい方向に向けて回しこみます。(レギュラースタンスの場合では「時計回り」、グーフィースタンスの場合では「反時計回り」になります。)

 


「バックサイド回り」


f:id:yukihori-oyaji:20160823080639j:image

イ: まずは、うしろ脚をスノーボードのバックサイドの雪面(まえ脚カカト付近)につきます。


ロ: うしろ脚だけで立ち、まえ脚をスノーボードごと持ち上げます。


ハ: 持ち上げたスノーボードのノーズを一気に方向転換したい方向に向けて回しこみます。(レギュラースタンスの場合では「反時計回り」、グーフィースタンスの場合では「時計回り」になります。)


どちらの場合も「うしろ脚」を軸にして行なう回転運動になりますが、長いスノーボードを振り回す動作なので、まずは周囲の安全確認(小さな子供などが回りにいる場合は、必ず少し離れた場所まで移動してから)を忘れないで下さい。

 

 

<<<もどる / 次を見てみる>>>