スノーボード「初めて」から「カービング」への道のり

遅咲きスノーボードインストラクター雪彫親爺の戯言

「実践編」 その27 (3.07.滑ってみる) 

スポンサーリンク

3.07.滑ってみる-

「とまる」と「まがる」を身体で理解出来たなら、期は熟した。
いよいよ「すべる」にチャレンジする時だ。

 

  • 横滑り(サイドスリップ) 
  • 木の葉落とし(ペンデュラム) 
  • 斜滑降(トラバース) 
  • 直滑降からの停止
  • ギルランデ
  • ドリフト(スキッド)ターン
  • カーヴィングターン


すべてフロントサイドもバックサイドも両側均等に練習するのが理想的だが、まずはやりやすい方から気楽にトライしてみてほしい。


HOW TO については、世の中に溢れる素晴らしい著書やWEB 上で見られる動画等に今回もお任せしたい。


本当に便利な世の中になった。

但し、色々な情報を見たり聞いたら読んだりする時は、
「目線」、「重心」、「板の真上」、「身体のひねり」、「減速要素」

を常に頭に置きながら、なぜその練習をするのか?

という観点で向き合ってみてほしい。

 

f:id:yukihori-oyaji:20160903172241j:image

 

<<<もどる / 次を見てみる>>>