スノーボード「初めて」から「カービング」への道のり

遅咲きスノーボードインストラクター雪彫親爺の戯言

雪彫親爺の戯言

[ MENU ]

第十回鬼斬入門

スポンサーリンク

ついに区切りの第十回。


前回「効率良いエッヂングを行うためのポジション」を考えようというところで終わった。

以前に触れた「ポジション」、覚えているだろうか?

 

そう、体の重心位置のことだ。

これまた曖昧な表現で申し訳ないが、基本姿勢をきっちり考えていない人には特に難しい。

 

基本姿勢に関しては、ここで詳しくは触れない。

わからない人は山で「教えたそうにしている人」に聞いてほしい。


ボードの滑走面を見た時、長さ方向の中心線(長軸)と、幅方向の中心線(短軸)がある。

この長軸を通り、なおかつ垂直に滑走面と交わる面を意識してほしい。


f:id:yukihori-oyaji:20161122234337j:image
この面の中で前後、上下にポジションを移動させる(もちろん体軸も)。

 

鬼斬入門では、この面を「ポジション面」と命名する。

ボードのノーズ正面から見た場合、滑走面とポジション面の関係は「T」の字を逆さにした状態(⊥)になる。
体には関節が沢山あるので、全ての骨とお肉をポジション面内に収める事はできない。

膝を曲げればお尻が「はみだす」ので、足首を曲げるなどして補ってゆく。

 

なるべく沢山の骨やお肉をポジション面内に収めれば、板の真上から効率良くプレッシャーを掛ける事が出来る。

 

 <<<もどる / 次を見てみる>>>