snowboard
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スノーボード「初めて」から「カービング」への道のり

四十路を歩む雪彫親爺の戯言(遅咲きスノーボードインストラクターの覚え書き)

第十四回鬼斬入門

「ターン中の目線」が今回のテーマ。

 

皆さんはどこを見て滑っていますか?雪?景色?ちなみに僕が某屋内練習場で滑っていた頃には宇宙とペプシCCレモンを見ながら滑っていました(^-^)


「進行方向を見る」と思った人が多いんじゃないかと思います。

もちろんこれが正解なんですが、これが意外と曖昧な表現なので誤解も多いと思います。

 

ターン中の進行方向って変化し続けますよね?

少し先を見れば良いんでしょうか?

少し先って何メートル先なんでしょうか?

このあたりで誤解や勘違いが生じるのだと思います。


ロングターンの場合を考えてみましょう。

谷回りで始まり、山回りで終わるわけですが、いっぺん山回りをボードが止まってしまうまで続けてみてください。

つまり、いつもならターン切替をする位置も通り過ぎて、山を上って行くわけです。


f:id:yukihori-oyaji:20161123144530j:image
この位置をしっかり覚えて(いろんな大きさのターンを試してよ!)下さい。

この位置をイメージして、そこを見ながらターンすると希望通りの大きさのターンが描けるようになりますよ!!

 

 

<<<もどる / 次を見てみる>>>