snowboard

スノーボード「初めて」から「カービング」への道のり

四十路を歩む雪彫親爺の戯言(遅咲きスノーボードインストラクターの覚え書き)

第十七回鬼斬入門

さて、第17回目の鬼斬入門でございます。

 

これまでの鬼斬入門で「ターン」を大まかに考えてきましたが、今回からは少し細かく見て行きましょう。


ターンにはロング・ミドル・ショートなどがありますが、皆さんはどんなふうに考えて滑り分けていますか?

色々な考え方があって、そのすべてが正解だと思いますが、

僕の場合はリズムを中心に考えています。

基本的にそれ以外の要素はリズムの変化に伴って必然的に変えざるを得ないもの、もしくは変わらないものだと思っています。

 
f:id:yukihori-oyaji:20161124092058j:image

具体的に言葉で表現してみるならば、

ターンのリズムとは、「ひとつのターンを何秒で行うか」という事です。

ロングターンが5秒ならミドルターンが2秒、ショートターンが1秒といった感じですね。


それでは次回からこれまでの鬼斬入門で見てきたターンの各要素はどうなっているのかを考えていきましょ!

 

 

<<<もどる / 次を見てみる>>>