snowboard

スノーボード「初めて」から「カービング」への道のり

四十路を歩む雪彫親爺の戯言(遅咲きスノーボードインストラクターの覚え書き)

第十八回鬼斬入門

まずは目線から考えていきますか。


これまで考えてきた大回り系の場合、ボードの進行方向と体の進行方向がシンクロするはずです。

ですので「山回りの終点を見る」と言う表現を使いました。

 

しかしショートターンの場合等ではどうでしょうか。

板は体の下で進行方向を変えますが、上半身(特に頭)はフォールライン方向に進んでいきます。

なのでフォールライン方向を見ます。


f:id:yukihori-oyaji:20161124092505j:image

つまり「目線を進行方向に向ける」と言うことは「上半身(頭)の進行方向に目線を向ける」と言えば、ターンの大きさやリズムに左右されないと思います。


簡単言うならやっぱり「行きたい方を見る」ですね。

 

 

<<<もどる / 次を見てみる>>>