snowboard

スノーボード「初めて」から「カービング」への道のり

四十路を歩む雪彫親爺の戯言(遅咲きスノーボードインストラクターの覚え書き)

「失敗しない道具選び」その8(2.「こだわるべきもの」-5)

- 2.2.b 「グローブ」-

 

「こだわらない事にこだわる」。。。なんと回りくどい表現なのでしょう!
オシャレに決めたい時の勝負グローブは別として、私は基本的にグローブについては選択時に全くウェイトを置いていません。もちろん過去においてこだわった時期もありましたが、結論としてたどり着いたのは、「質より量」です。

  作業用すべり止め軍手(手袋) 1ダース BG-600N

さすがに上の写真は冗談ですが、、、

 意味がわかりにくいと思いますので、少し補足しておきます。 平たく言うと、ものすごく高いグローブも、かなり寿命が短いのです。なぜなら、スノーボードの両端には「エッジ」と呼ばれる金属の「刃物」が埋め込まれていますので、何回か使っているうちにこのエッジとの「こすれ」によりグローブの生地が少しずつ傷み、水がしみ込んでくるようになってしまうのです。水に濡れたグローブの着け心地の悪さたるや、それはもう筆舌に尽くしがたい不快さですので、すぐにでもスペアグローブに替えるべきです。


そうなのです、どうせ水がしみ込むのであれば、安価なグローブをスペアグローブとして何枚か持っているほうが、快適な時間を長く過ごせるのです。


ちなみに私の場合は、ホームセンターの防寒手袋(500 円程度)を三枚ほど常備してゲレンデに繰り出します。

 

 

オマケ情報としては、防寒手袋だけでは少し心もとないシーンに備えて、オーバーミトンをポケットに埋め込んでいることを、こっそり伝えておきます。

 

<<<もどる / 次を見てみる>>>