snowboard
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スノーボード「初めて」から「カービング」への道のり

四十路を歩む雪彫親爺の戯言(遅咲きスノーボードインストラクターの覚え書き)

トーション?

トーション

聞いたことありますか?「トーション」

ちゃんと説明できる人は、どれぐらいいるんでしょうか?

説明できても、ちゃんと滑りで使える(コントロールできる)人は、どれぐらいいるんでしょうか?

ちょっと勉強してみましょうか。。。

"Torsion" =「ねじり」

 「ねじる」とは何を?どうやって?

板をねじるんです。通常バックサイド【踵(かかと)側の】エッジを立てるときには、両足のつま先を上げ(スネに近付け)ます。その時に「片足のつま先だけ」をワザと下げる(雪面に近付ける)動作が板をねじる動作になります。

谷回り

一番判りやすいのは、フロントサイドターンの谷回り開始の場面だと思います。

レギュラースタンスの場合、バックサイドエッジを立てている状態から、左足(前足)のつま先だけを下げる動作です。

左足(前足)のエッジングが緩むので、きっと自然な谷回りターンの始まりを体験出来るはずです。(トーションNG派のライダーさんからは何故か怒られます…)

左足(前足)に体重を乗せて、上半身を右回り(時計回り)に大きくローテーションさせることでも、自然と同じ様なトーションをかけることが出来ます。(グーフィースタンスの場合は全て反対の動作になりますね。)

 スピン

通常のターンであれば、上述のフロントサイドターン谷回りから、山回りターンに移行して、そのあとバックサイドターンの谷回りに切り換えます。。。が、そこで敢えてトーションをフロントサイドターンの谷回りと同じ状態に保ったままにしておくと、どうなるでしょうか?

つまりレギュラースタンスの場合、フロントサイドエッジを山側にした状態で「左足(前足)のつま先を下げ、右足(後足)のつま先を上げる」と言う事ですが、ちょっと違和感が有りすぎるので、同じ状態を言い方を変えて表現すると「左足(前足)のかかとを上げ、右足(後足)のかかとを下げる」と言う事になります。

当然とも言えるかも知れませんが、右足(後足)のエッジングが緩い状態なので、フロントフロントサイドターン方向の回転力も加わり、右回り(時計回り)のスピンになります。

昔ながらのキャンバーボードを回す為の基礎テクですね。最近主流のロッカーやダブルキャンバーの板なら、意識しなくても回るのかも知れません。。。

 

「バックサイドターンの谷回り開始の場面バージョン」も、必ず忘れずに試しておいて下さいね!

 

スポンサーリンク