snowboard

スノーボード「初めて」から「カービング」への道のり

四十路を歩む雪彫親爺の戯言(遅咲きスノーボードインストラクターの覚え書き)

第十九回鬼斬入門

「目線はターンの大きさに左右されない」と言う事がわかった所で、次は加重について見てみましょう。 小さなターンで大きなターンと同様に半円を描くためには、板を更にタワマせる必要がありますので、沢山力をかける事になります。 、、、えぇ、またもや嘘…

第十八回鬼斬入門

まずは目線から考えていきますか。 これまで考えてきた大回り系の場合、ボードの進行方向と体の進行方向がシンクロするはずです。 ですので「山回りの終点を見る」と言う表現を使いました。 しかしショートターンの場合等ではどうでしょうか。 板は体の下で進行方向…

第十七回鬼斬入門

さて、第17回目の鬼斬入門でございます。 これまでの鬼斬入門で「ターン」を大まかに考えてきましたが、今回からは少し細かく見て行きましょう。 ターンにはロング・ミドル・ショートなどがありますが、皆さんはどんなふうに考えて滑り分けていますか? 色々…

第十六回鬼斬入門

今回のテーマは「クロスオーバー時に大切なもの」 クロスオーバーとは、エッジの切替時に積極的にターン内側に体軸(ポジション面)を傾けていく動作の事を言います。 ターン前半からしっかりと雪面を捉えていくために、立ち上がり系の抜重でも、抱え込み系…

第十五回鬼斬入門

前回はターン中の目線をテーマにしてみましたが、今回は切替時の目線がテーマ! ターン中の目線はそのターンの山回りの終点を見る様にしましょうという事でしたが、切替時(正確には切替前)の目線は「クロスオーバー」を行う際に非常に重要なものとなります…

第十四回鬼斬入門

「ターン中の目線」が今回のテーマ。 皆さんはどこを見て滑っていますか?雪?景色?ちなみに僕が某屋内練習場で滑っていた頃には宇宙とペプシとCCレモンを見ながら滑っていました(^-^) 「進行方向を見る」と思った人が多いんじゃないかと思います。 もちろ…

第十三回鬼斬入門

いよいよいよいよ! 鬼斬ターンを解析する時が来ました!! 本当にお待たせしましたm(_ _)m しかしココまでの鬼斬入門に懲りずにお付き合いして来て頂いた皆様は、基礎の基礎の部分をじっくりと見直して頂けたと思いますので今後の驚異的な上達が本当に楽しみ…

第十二回鬼斬入門

前回またもや「ズレ」に引き返す事になってしまった鬼斬入門・・・ いつになったら斬りまくるのでしょうか? でも焦らずにじっくり基礎を理解すれば、斬れるようになってから壁にブチ当たっても早く立ち直れるはずなので、ここは我慢のひと時です。 さて、「…

第十一回鬼斬入門

ナンダカンダで十一回突入~! これまで「斬れ」に必要な物として「エッヂング」、「ポジション」の二つを考えてきました。 必要な物が解ってもその使い方が間違っていると斬れるものも斬れません(XoX)残念。 ほんならその使い方が以後のテーマでんな。 皆さ…

第十回鬼斬入門

ついに区切りの第十回~! 前回「効率良いエッヂングを行うためのポジション」を考えようってところで終わったわけですが、以前に触れた「ポジション」、覚えていますか? そう、体の重心位置のことでんな。 これまた曖昧な表現で申し訳ないんですが、基本姿…

第九回鬼斬入門

だんだん鬼斬りっぽくなってきた第九回のはじまり~(^db^) 前回「角付け」をピックアップしたところで終了しましたが、読めますか?「角付け」。 読み方は「つのづけ」です、 えぇ、うそですとも。 「かくづけ」でもなく「かどづけ」が正解。 脱線しそうなの…

第八回鬼斬入門

さてさて、ついに、ようやく、なんと! 今回は「斬れ」に必要な物について考えてみましょう。 「斬れ」とは「ズレ」の少ない状態を言いますが、皆さんは「ズレ」を止めるにあたって何を一番意識しますか? ポジションですか? フォームですか? ローテーショ…

第七回鬼斬入門

さて、第七回のはじまり! え~、前回の宿題「後ろ足寄りのポジションで滑る」をやってみた人いますかぁ? もしいたら申し訳ないので一応私の見解を書いておきます。 ポジションを後ろ足寄りに置きますと、ノーズ側の加重が弱まって(解放され)板が加速しやす…

第六回鬼斬入門

いますか? さて、第六回の始まりですね 前回の「ポジションを前足寄りにKeepして滑ろう」って宿題をやった人いますか? はい、いませんね(- -)ほな、これでおしまい・・・ にはしません。 天才です 横滑りの時にやってみたら斜め横滑り、もしくは先落としにな…