スノーボード「初めて」から「カービング」への道のり

遅咲きスノーボードインストラクター雪彫親爺の戯言

スノボする時にヘルメットとか必要なの?

スポンサーリンク

結論

コレ、結論から言った方が良いヤツだ。

 

ヘルメットは、かぶった方が良い。

 

 
f:id:yukihori-oyaji:20180129082936j:image

 

スキーと比べた場合、スノーボードの方が、圧倒的に頭を強打する確率が高い。

グラトリをやる・やらない、パークに行く・行かない、キッカーで飛ぶ・飛ばない。。。等々、関係なく、頭部強打の危険が有る。

低速滑走でも高速滑走でも同じだ。

 

実情

実際にゲレンデを見渡した時に、ヘルメットを使って居る人と使って居ない人と、どちらも居る。

何を隠そう、僕自身スクールで教えていた時代(10年以上前の昔話)、ヘルメットをかぶらずに「かぶったほうが良いよ」とか言っていた。

説得力「ゼロ」だ。

 
f:id:yukihori-oyaji:20180129083233j:image

 

言い訳

僕の場合「言い訳」にしか聞こえないと思うが、かぶっていない「理由」がある。

実は、中学生の頃から学生帽すら「特注品」でないと頭が収まらないほどの「頭でっかち」だ。

原チャリに乗るときのヘルメットも、当然「特大」。

しかも、頭の形までいびつらしく、30分以上は頭が痛くてかぶり続けることが出来ないという有り様…

 
f:id:yukihori-oyaji:20180129083440j:image

 

まとめ

そういう感じで様々な事情があって、ヘルメットをかぶっている人・いない人が居るが、やはり最後は

自己責任

に辿り着く。

 

ヘルメットはかぶるべきだ。

かぶらずに頭を怪我したとしても

それは自分の責任だ。

 

たとえ誰かに

いきなり後ろから

突っ込まれたとしても、、、だ。