スノーボード「初めて」から「カービング」への道のり

遅咲きスノーボードインストラクター雪彫親爺の戯言

雪彫親爺の戯言

[ MENU ]

第七回鬼斬入門

スポンサーリンク

さて、第七回のはじまり。


前回の宿題「後ろ足寄りのポジションで滑る」をやってみた人は居るだろうか?

もし居たら申し訳ないので一応私の見解を書いておく。


ポジションを後ろ足寄りに置くと、ノーズ側の加重が弱まって(解放され)板が加速しやすい状態になる。

夢見るようなパウダー状態や、ターンの後半(山回り)に減速したがる板を加速したいときに役立つ。


ここで注意したいのが「後傾」との違い。

後傾状態でも板は加速する。

が、「後ろ足寄りのポジション」と「後傾」は全く違うものだ。


f:id:yukihori-oyaji:20161122221616j:image

「体軸」という言葉がよく用いられるが、わかるだろうか?

僕の「体軸」の解釈は

「板の上の加重点の中心と体の重心を結ぶ線」だ。

「余計にわかりにくい」なんて声も聞こえてきそうだが、例えば今回のテーマでは「後ろ足の裏と体の重心を結ぶ線」ということになる。

この「体軸」とボードの滑走面がなす角度が90度以上に開いた状態が「後傾」と考えて良い。


というわけで今後、鬼斬りに後傾は禁止だ。


第六回と第七回をまとめると

「ターン前半は前足寄り、後半は後ろ足寄りのポジションが良い」となる。


では次回からはいよいよ「斬れる為に必要なモノ」について考えていく。

 

 

<<<もどる / 次を見てみる>>>