スノーボード「初めて」から「カービング」への道のり

遅咲きスノーボードインストラクター雪彫親爺の戯言

雪彫親爺の戯言

[ MENU ]

第十三回鬼斬入門

スポンサーリンク

いよいよ。

いよいよ、ようやく。

鬼斬ターンを解析する時が来た。


ココまでの鬼斬入門に懲りずについてきた皆様は、基礎の基礎の部分をじっくりと見直したと思うので、今後の驚異的な上達が本当に楽しみだ。


カーヴィングターンを考えてみると、切替時から谷回りに入った瞬間から山回りを完了するまで、ず~っと片側のエッヂに乗った状態になる。


f:id:yukihori-oyaji:20161123144220j:image

すなわち体軸は常にターン内側に傾いた状態で、これによりポジション面の動きも、前回のズレのターンとは対照的にターンの切替時(=エッヂの切替時)に大きいものになる。

 

 この動作を「クロスオーバー」と呼ぶが、具体的には山回り完了時に山側に傾いている体軸を、一気に谷側に倒しこんでいく動作になる。

 

この動作に重要なのが「目線」だ。

多くの先輩スノーボーダーが「目線が大事!」と言っているが、残念ながらこれをきちんと出来ている人はあまりいまない・・・

 

たぶんこれは、どこを見て良いのか判らないからではないだろうか?


そういうわけで次回は「ターン中の目線」がテーマだ。

 

 

<<<もどる / 次を見てみる>>>